地主さんの承諾・交渉

借地権の有効活用

地主との交渉・承諾手続を行う場合には、借地権を有効活用することも重要なポイントの1つとなります。そのためには、まず借地権において借地人がどのようなメリットをもっているのか、地主がどのようなメリットを持っているのかを把握することが重要です。それでは、それぞれのメリット・デメリットの観点から見てみましょう。まず借地人側の持っているメリットは、「正当事由がない限り借地人はその土地を半永久的に利用できる」ということです。現在では定期借地権という期限を区切った借地契約が行えるようになりましたが、改正以前に契約を行っている場合には適用されません。そのため、借地人は交渉の際に強く出る際に「その後地主が借地人に出て行って欲しいと思っても、承諾をしない」という立場を取ることができます。

ただし、あくまでも持ち主は地主であるために、信頼関係を傷つけるような交渉を行えばそれを正当事由として追い出されてしまう可能性があります。その際には最終的な判断は裁判所が行うことになりますが、リスクを背負っていることは覚えておく必要があります。

対して地主側の交渉の強みは、「今後承諾が必要な案件があっても承諾しない」という立場を取ることが出来ることです。譲渡や借地権売却などにおいては地主の承諾我必要であるため、これは借地人にとって大きなマイナスとなります。ただし、こちらについても裁判所に対して地主の承諾に変わる許諾を得ることが出来ます。